5インチスマホの時代をBUNKER RINGで乗り切る

先月iPhone4SからAndroidに変更し、様々な変化に四苦八苦して対応しているところです。
しかし、いつになっても慣れないのが5インチもある画面のサイズ。家にいる分には素晴らしいメリットとなるのですが、外出先だと落としそうになる、端のボタンが押しにくいなどデメリットを感じることもしばしば。
なんとか落とさない方法はないものかと検索してみるうちに辿り着いたのが『BUNKER RING』なる商品でした。

BUNKER RINGはスマートフォンの背面に貼り付けて、折りたためるリングに指を通して落下を防ぐというシロモノ。
商品の厚みは8mm程度ですが、ポケットに入れていても意外と違和感はありません(ただやはり、ポケットから取り出すときの引っかかりは感じられます)。

私の手は思いっきり開いて親指の先から小指の先までの直線距離が21cmほどになります。男の中では小さめ、女性でしたら大きめになるくらいでしょうか。
▼この手の大きさで5インチスマホを無理せず操作しようと思うと、画面の半分がやっとです。
2014-12-26 14.22.38
一番遠い画面左上を押そうとすると本体下を支えてた指を離すことになり、安定感がなくなります。また逆に下のメニューボタンに届かなくなるため、使い勝手も悪くなります。

▼そこにこのBUNKER RINGをつけるとご覧の通り!
2014-12-26 14.22.08
安定感を失うことなく、自由に親指を動かすことができるようになります。さすがに指自体が短いため、左上を押すときも無理なくとはいきませんが、落とす心配はなくなり画面をフルに使うアプリでも問題なく操作できるようになります。

■曲面でも大丈夫?
説明書を細かく読むとおそらく『当商品は曲面では云々』と注意書きがあるんだろうなあと思います。
しかし無責任なユーザーの立場から言わせてもらうと、よほどでなければ曲面でもオッケーです。私のスマホは端だけ曲面という感じではなく、背面が全体的に曲がっている感じなのですが、それでも十分に接着力を発揮してくれます。
しかし、製品寿命自体は短くなるかもしれません。曲面な分、両端が軽く浮きます。長く使っているとそこにホコリが入り込み、だんだんと両端から接着力がなくなっていくということは十分に考えられます。検索すると洗剤でホコリも取れるとの記事もありましたが、商品説明には水洗いできますとしか書いてないので接着力が落ちる可能性もあります。

■カバーしてても大丈夫?
プラスチック系のハードケースであれば問題と思われます。
私の場合、日本で発売された直後に購入した機種だったためソフトケースしかなく、ダメなのを覚悟でソフトケースの上から取り付けてみましたが、一切くっつきませんでした。
私はなんでもかんでもカバーを取り付けたい人間なのでカバーとBUNKER RINGどちらをつけようか迷いましたが、結果的にBUNKER RINGのほうが利便性において上回っていると感じたためそちらをつけています。

■たたむのめんどくさくない?
確かに一回一回使用のたびに、指を通す部分を立てるのが煩わしい時もあります。なのでそこは自分で上手く割り切ればいいかなと思います。落下防止のためなら煩わしさを我慢する、操作性のためならガッツリ使いそうなときだけ立てる、といった感じでしょうか。

ちゃちい見た目の割に2000円前後といい値段しますが、必要な人であれば一切後悔しない価格であることは間違いありません。
スマホ大画面時代が続く限り、BUNKER RINGは私のマストアイテムとなりそうです。

スポンサーリンク
レタリングル(大)広告
レタリングル(大)広告
コメントの入力は終了しました。