LINE利用者でMVNOに乗り換えようと思ってる人への注意

私の利用しているIIJmioでは音声通話付きの最安値が1600円、データ通信のみが900円と倍近く差があります。 せっかく安さを求めて乗り換えるのですから、この際電話番号はいらないかもしれないなと思う人は少なくないのではないでしょうか。私用でしか電話がこないのであればLINEの無料通話で十分、と考えるかもしれません。

それがここでの落とし穴だったりします。
LINEはいつからか、年齢認証が必要になったことを覚えていらっしゃいますでしょうか。

その年齢認証の仕方は一律で『LINEの設定でで年齢認証を押す→移動したサイトでキャリアのIDを入れてログインする→LINE側でそれを認証する』この流れになります。

ここで重要なのがIDを入れてログインのところ。
MVNOユーザの大多数がDocomoの回線を使う形になると思いますが、そのユーザの場合『だれでも登録できるDocomoID』は登録できるのですが、それでは肝心の年齢確認ができないのです。
Docomoの年齢情報の提供に関するページを見ると以下のように記されています。

ご登録いただける方
個人契約かつXi/FOMAサービスご契約者
https://www.nttdocomo.co.jp/support/procedure/change_release/user_info/

と、いうわけでMVNO契約者はDocomoの回線を使っているとはいえ、Xi利用者でもFOMA利用者でもないのでDocomoIDの年齢確認サービスを受けることができないのです。
乗り換える際、現在LINEに登録されている人は問題なくメッセージも送れますし、無料通話も可能です。ですので乗り換えてすぐの実質的な問題はID検索ができない、してもらえない、の1点だけだと思います。

しかし、ここで問題は『なにか』が起こってしまうこと。

例えば昨今流行ったLINE乗っ取りの被害にあってしまった場合。
ゴタゴタが終わった後に再度イチから知り合いをLINEに登録していくことになりますが、その際IDで検索できないというのは予想以上に不便です。まだ横のつながりがある知り合いであれば、グループチャットに呼んでもらってそこで登録ができますが、つながりがない知り合いだとそうはいきません。
当座の連絡であればメールでいいかと思われるかもしれませんが、『キャリア以外からのメール』は予想以上に弾かれます。SMSなら送れるというプランであればその問題ありませんが(SMSは一切見ないという人も多いですが・・・)、データ通信のみだとSMSすら送ることができず、音信不通にならざるを得ない状況が起こりえます。

MVNOはキャリアよりずっと安く、(使う会社にもよりますが)キャリアと同等のサービスを受けられる利用者にはありがたいサービスです。
ですので、乗り換える前にすべてのデメリットを頭に入れ、こうした不慮の自体にも困ることなく対応していただけたらな、と思います。

スポンサーリンク
レタリングル(大)広告
レタリングル(大)広告
コメントの入力は終了しました。