だまし絵と雰囲気が楽しめるゲームMonument Valley

Monument Valleyは小さな女の子を操り、ゴールへと到達させることが目的のパズルゲームです。だまし絵の要素が大きな特徴で、音楽やグラフィックにも力が入れられておりゲーム内には素敵な空間が広がっています。

▼このような、ペンローズの階段と呼ばれる図形を見たことがある人は多いのではないでしょうか。

階段をずっと登っているはずなのに、また同じ場所に戻ってきてしまう。こうした二次元でのみ可能な不可能図形をどうやって作っていくかが攻略のカギとなるゲームです。

▼例えば下の画面。中央右にいる白い人間がプレイヤーが動かす女の子になります。
Screenshot_2014-12-29-00-11-08

▼なんとか上のほうにあるゴールにいきたいのですが、1階にいるプレイヤーが2階のゴールに行く方法はないかのように見えます。しかし、中央の蛇口のようなものを動かすとご覧のとおり!
Screenshot_2014-12-29-00-11-24

1階部分と2階部分がつながりました!これがこのゲームの基本的な進め方になります。

▼先ほどのペンローズの階段状態になってる居場所も土台部分を動かせば・・・
Screenshot_2014-12-29-00-03-29

▼この通り、先へ進むことができました。
Screenshot_2014-12-29-00-03-49

このゲームが一般的なパズルゲームのように、頭を使って使ってやっと解けるカタルシスを味わうゲームかといわれればそれはノーだと思います。むしろパズルゲームが好きな方にとってはかなりヌルい部類に入るのではないでしょうか。

なのでこのゲームはどちらかというと『雰囲気ゲー』が好きな方にオススメをしたいと思います。ICOであったり大神であったり、雰囲気で遊ぶタイプのゲームが好きな方はこのゲームもぜひプレイしていただきたいなと思います。


Get it on Google Play

スポンサーリンク
レタリングル(大)広告
レタリングル(大)広告
コメントの入力は終了しました。