賭けない麻雀が一般化する世の中は来るのか

麻雀

世間一般において麻雀は賭け事と認識されています。
そしてその認識はほぼあっているんじゃないかと思います。

最近はノーレートが一般化している現状は承知していますし、ネット対戦ゲームの定番といえばやっぱり麻雀でこれはもちろんノーレートです。

それでもやっぱり賭け事じゃないかと

なぜかと言われれば、世の中で一部の人間だけであってもお金賭けて遊ぶものって少ないんですよね。
裏の界隈まで行っちゃうとまた別になっちゃうので置いといて、公営ギャンブル以外だとパチンコ・パチスロと麻雀じゃないでしょうか。
だから麻雀は当分、賭け事としての認知は変わらないとは思ってます。

世間一般では、麻雀はちょっと強いくらいじゃ場代負けすると言われます。
浮くには3割超の勝率が必要だと。

もちろん同卓者のレベルはあるにせよ、麻雀において3割超の勝率なんて一般レベルだとなかなかいません。
なので場代を差し引いていくと良くてトントン、大概は場代含め負け組になります。

これはどんなギャンブルでも同じです。
胴元が負けるギャンブルなんて存在しません。

むしろ雀荘が取るテラ銭はギャンブルとしては額としては安い方ですよね。
逆に金銭の流れの中で課税されてないだけ、一番メリットがあるギャンブルかもしれません。

さて、話を元に戻すとなぜ麻雀は賭けて遊ぶのが一般的なのかを考えたときに、その理由として私は麻雀が面白いからに尽きると思います。

だってこんなみんなが本気出し合って、初心者からプロまでいる中で、勝率が25%から5%程度しか前後しないゲームってすごくないですか!?
これはゲームデザインとしてものすごいことだと思います。
運の要素が強い、けどそれを完全に運の要素だけに終始させない絶妙なバランス。
これが麻雀というゲームに魅了される部分だと思います。

だから、みんな麻雀にハマって年中やりたいと思うようになり、じゃあということでその場を提供するお店が出てきてるわけですよね。

ただそこでひとつネックがあります。
いい大人が集まると温度差が出るってことです。

いやいや、と思われるかもしれませんが、実際ネットゲームなんかでも負けが見えたら切断行為は珍しくともなんともありません。
おばあちゃんのリハビリかよみたいな卓もたまにありますねえ。

でも雀荘に来る人は基本的には真剣勝負をしたい人ですよね。
どんなゲームでも自分だけ真剣で、負かしてる相手に「君うまいでちゅねー」みたいな態度取られたらせっかくの楽しいゲームが台無しです。

大人になるともう人間的な根本の部分は誰も注意してくれませんし、麻雀というゲームは真剣じゃないってライン決めが難しいゲームです。
オーラスで持ち点500点から1000点のノミ手をあがっても、批判するのはなかなか難しいゲーム性があります。
麻雀格闘倶楽部のように戦績を記録してくれるわけでもありません(最近はありますが後述)。

それを担保させるのがこの賭け金である、と考えます。
真剣に打たないで損するのは自分であるというところで、みんな納得するわけですね。

ただ、これが最近変わってきていると思います。

そもそもタイトルの前提を覆してしまうのですが、今現在の主流はノーレート麻雀です(あえて言い切る)。
天鳳や雀魂、格闘倶楽部とオンライン対戦が主流です。
今現在、天鳳だけでもアクティブユーザー数が30万で、それに対して全国の雀荘数が8000店強とのことです。
基準が違いますし兼ねてる人も相当数いるかと思いますので一概には言えませんが、雀荘に通っている人よりネット麻雀を楽しむ人のほうが多いのではないかと思います。

このネット麻雀を打つ層の最大にして唯一のモチベーションは戦績です。
いかにしてレーティングや段位を上げるかというモチベーションにより、担保をお金から成績に変換できています

そして最近では雀荘であっても独自のシステムを使うことなく、戦歴を記録できるサービスなんかも増えてきました。
こちらの面白いところは、アガリ率なんかを出してくれるわけではないですが対戦相手ごとの戦歴がわかったりすること。
雀荘という狭いコミュニティの中でもランクがつくと張り合いがでます。

昨今のMリーグブームもあり、真剣に麻雀を打つということに意味を見出す人、逆に麻雀は好きだけどお金を賭けるのは怖い・性分じゃないという人の需要を拾い上げることができていると思います。

そもそもなのですが麻雀って、ギャンブルとして射幸心煽るほどお金動かなくないですか?

まあこのへんは個人差があると思うのですが、今はもう地方競馬や競輪など毎日毎夜インターネットでギャンブルが可能な中、わざわざ麻雀にギャンブル要素を求める人って少ないんじゃないかなあと。

あと麻雀ってギャンブルにおいて数少ない実力差が体感できるゲームですよね。

上記の部分と真逆なことを言ってしまうのですが、パチンコや競馬って自分の選択と運が基本になるのに麻雀って実力で負けてお金が減る感があるので私はそれが苦手です。
パチンコだって競馬だって実力で負けてるのにね!

というわけで私は今後、麻雀はノーレートのお店がさらに拡大すると思います。

賭ける麻雀は別に悪だとは思っていませんが、今の50代以上の人が麻雀を打てなくなるくらい年月が経ったとき、ネットネイティブ世代のギャンブル好きは他種のギャンブルに流れ、麻雀はノーレートでも楽しめる人しか残らなくなるのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました